新年に欠かせない「ガレット・デ・ロワ」

 

ガレットデロワはベツレヘムを訪れた東方の三賢人によって、イエス・キリストが神の子として見い出されたエピファニー(公現祭)、1月6日に食べるというフランスの伝統菓子です。よく”王様のお菓子”と訳されますが、この場合のRois(ロワ)は王様ではなく、東方の三賢人を指すという説もあります。

切り分けたガレットデロワの中からこのフェーブが出てきた人は、王様(女王様)になれるのです。ガレットデロワに王冠がつきものなのはそのため。王様(女王様)になった人は王冠をかぶってその日一日みんなから祝福されます。家族や友達と集まって一年のはじまりにフェーブをめぐって大騒ぎ。フランスではこれを食べないと一年がはじまらないとまで言われるほどです。
(cuocaHPより)

 

1月限定のお菓子です。

ご予約限定販売
☆5号(直径約15センチ) 税込¥3,000)
☆6号(直径約18センチ) 税込¥4,000)

☆7号(直径約21センチ) 税込¥5,000) 
もちろんフェーヴと紙製王冠付です。

※地方発送も承ります。「Oder」ページよりお問い合わせください。

 


オーガニックアーモンドのクレームダマンドたっぷりです。シンプルですが、素材が命!なのです。
新年会にもぜひ連れて行ってくださいませ。
美味しくて楽しめる最高のお菓子だと思います(*´∇`*)私は大好きです。

フェーヴはお好きなものを選んでいただくので…お早めにm(_ _)m
今年はcitronオリジナルのフェーヴもございますよ✨

 

© 2023 by LORENZI. Proudly created with Wix.com

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now